VioStor-2104Pro+ の後継機になります。

新たなVioStor-2200Pro+シリーズには、IO端子が接続可能。 さらにエンドユーザー様にとっての利便性を追求しました。
vs2104pro-img01

■最大4台のネットワーク・カメラ(Panasonic、キヤノン、AXIS、TOA製など)を登録・録画できる機器です(ネットワーク・カメラは、国内・海外の約100メーカー、3,000機種以上をサポート)。

■操作は、USB端子にマウス(別売品)を接続することにより、PCレスでモニタリングや録画再生が可能。ローカル・ディスプレイでは4台までライブ映像を表示できます。

■ハードウェア・デコーディング機能により、ローカル・ディスプレイ表示のパフォーマンスが飛躍的に向上しました。また、本体のCPUやメモリへの負担が軽減され、録画性能も向上しています。

■PCからwebブラウザを通して、ライブ映像の確認から録画再生、設定まで、全てインターネット経由でも行えます。PCではマルチ・サーバー機能を使って128台まで(同時表示64台)表示が可能です。

■デジタル信号をそのまま保存するため、鮮明な映像及び高品質な音声の再生が可能です。

■簡単な設定で(かんたんセットアップ)すぐに使うことができます。また、前面のワンタッチ・バックアップ・ボタンを押すだけで、設定された期間のデータをUSB HDDにバックアップすることができます。

■VMobileを使ってiPhone/iPad/iPod touch/Android対応機器からVioStorにアクセスし、モニタリング、録画再生、スナップショット撮影を行うことができます。

主な機能

PCモニタリング機能 ローカルディスプレイ接続 その他の機能

■PCモニタリング機能

モニタリング画面

機能① PCからのライブ映像閲覧時の画面表示は最大64分割

機能② 画面中のコントロールパネルやアイコンでカメラのコントロール、映像の再生といった各種操作が可能

機能③ クリック&センタリングとプリセット自動巡回機能

VioStor-2200Pro+VioStorではPTZコントローラーでPTZ対応カメラを操作できるだけではなく、「クリック&センタリング機能」で制御することもできます。これは、モニタリング画面を直接クリックして、クリックしたポイントを画面の中心へ移動させる機能です。また事前に登録したスケジュールに従い、自動的にプリセットポジションを巡回させる「プリセット巡回機能」も搭載しています。

※一部のPTZカメラには対応していません。

▲画面レイアウトは1/2/3/4/6/8/9/10/12/16/20/25/36/42/64分割。シーケンシャルモードにも対応

機能④ 録画の状態など、各種ステータスもチェック可能

カメラ名称の右に録画やVioStorの状態などが表示・確認できるアイコンを設置。エラーなどが発生しても一目でわかります。

▲カメラステータス表示(例)

機能⑤ デュアル・ディスプレイ対応によりE-mapも連動可能

デュアル・ディスプレイ対応によりE-mapも連動可能VioStorはマップ機能を搭載。たとえばPCに2台のモニタを接続してデュアル・ディスプレイ・モードで モニタリングし、一方はマップ、一方はモニタリング画面と使い分けることができます。ビルなど複数の階層のマップをレイヤーごとに表示でき、一括管理をサ ポート。レイヤー上に配置されたアイコンをクリックすると、カメラのライブ映像が単画面で表示されます(PCのみの機能です)。

機能⑥ マルチ・サーバー・モニタリング

マルチ・サーバー・モニタリング複数のVioStorに登録されているネットワーク・カメラの映像を一括管理する機能です。通常NVRを管理するにはCMS(中央管理ソフトウェア)が必 要ですが、VioStorは基本機能に含まれています。クライアントPCが接続しているVioStorの画面に、他のVioStorに登録されているカメ ラのライブ映像を表示できます。最大128チャンネルのVioStorを統合可能(例:VioStor-2104 Pro+なら32台)。モニタリング、録画再生の他、別のVioStorの設定画面への移動も可能です。

機能⑦ インスタント再生

選択したカメラの録画映像を、別のウインドウですぐに再生することができます。また、録画データが溜まるまで待つ必要がなく、その場で直前のデータを逆再生/再生して見ることも可能です。

再生機能

PCからのライブ映像閲覧時の画面表示は最大64分割再生画面にカーソルを合わせると、再生機能コントロールパネルが表示されます。コントロールパネルでは音声のオン/オフや帯域モードなど、各種設定が行えます 。

PCからのライブ映像閲覧時の画面表示は最大64分割

機能① データ同時再生機能

VioStorでは、1台のカメラで撮影・録画した映像を、時間ごとに4/9分割して、各時間帯の映像を一度に確認することができます(たとえば1時~4時の映像を確認する場合、4分割画面で一時間ごとに映像を表示することが可能)。これにより、必要な映像を迅速かつ的確に探すことができます。

機能② 16分割同時再生

16台分のカメラ映像を同時に再生可能。接続しているVioStorだけではなく、マルチサーバー登録している他のVioStorの録画ファイルも再生できます。

インテリジェント・ビデオ解析

インテリジェント・ビデオ解析VioStorシリーズでは、「動き検知」、「持ち込み」、「持ち去り」、「カメラへのいたずら」、「ピンぼけ」の5つのイベントを検出します。イベント検知エリアやオブジェクトのサイズも設定でき、録画再生の手間を大幅に短縮できます。

※画像は「動き検知」の活用例です。

スライドバーにサムネイルを表示

スライドバーにサムネイルを表示録画再生画面では、スライドバーにサムネイルが表示されます。再生時にはコマ送りした画像をデジタルズームで拡大することも可能。
また、再生速度は1~16倍まで自由に変更することができます。

File Stationによるデータ管理

File Stationによるデータ管理 VioStor-Pro+シリーズは、PCを利用したモニタリングと併せ、PCを使わない“ダイレクト・モニタリング”を行うことができます。もちろんダイレクト・モニタリングをしている状態でもPCからVioStorにアクセスすることができます。

※ディスプレイ、USBマウス、HDMIケーブルは付属しておりません。▲推奨解像度 1920×1080

機能① 36分割モニタリング&ワンクリックのらくらく操作

モニタリング画面で同時に表示できるネットワーク・カメラは1~36台まで。モニタリング画面のレイアウトはドラッグ&ドロップによる操作で簡単に変更できます。

機能② シーケンシャル表示

シーケンシャル表示登録したネットワーク・カメラの映像を順次切り替えて表示するシーケンシャル・モードでの表示が可能です。HDMIでは音声伝送が可能です(音声対応カメラのみ)。VGA接続時にはUSBスピーカを接続できます(8100Pro+のみ)。

※USBスピーカは付属していません。

機能③ ハードウェア・デコーディング機能

ハードウェア・デコーディング機能は、H.264の映像をデコードする専用のチップを内蔵することによって、VioStor内のCPUやメモリに負荷をか けずに、より快適な環境で、ローカル・ディスプレイでのモニタリングが行える機能です(登録したカメラ1~8番までがハードウェア・デコーディングによる モニタリングとなります)。

4分割同時再生

ローカルディスプレイ上では、4台分のカメラ映像を同時に再生することが可能です。録画データの確認がスムーズになることで、検索性が非常に高まり、セキュリティ管理者の手間を軽減します。

データのバックアップ

データのバックアップ■高速バックアップ。

録画したデータをカメラごとに高速でバックアップすることが可能です。

■ワンタッチバックアップ

録画した過去のデータを指定日数分、USB外付けHDDにバックアップすることが可能です。

※外部ストレージにバックアップした録画ファイルは、Windows Media Playerで再生できます。

※VioStorに接続したことのないPCで再生する場合は専用のコーディックをインストールする必要があります。弊社ダウンロードページからダウンロード、インストールしてください。

■その他の機能

ストレージの冗長性を高める

データの読み書きの高速化と障害に対する耐久性の向上を図るため、RAID1~RAID6+ホットスペアに対応(機種によって対応RAIDレベルは異なります)。

アラート通知機能

VioStorは、カメラごとに異なる録画スケジュールを設定できる他、モーション検知またはセンサーなどによるトリガーを利用したアラーム録画を行うことができます。VioStorの警告レベルは、「エラーを通知」「警告を通知」の2つを選択することができます。

スマートフォン・ソリューション「VMobile」

VioStorシリーズはiPhone / iPad / iPod touch / Androidに対応したアプリケーション「VMobile」「VMobile Lite」をご用意しています。VioStorのストリーミング画像をモニタリングできるアプリケーションで、VioStorの登録台数は無制限**。表示モードは1/2/3/4/6/8/9分割から選べます。音声にも対応**。

**「VMobile」のみの機能です。
※iPhone / iPad / iPod touch用VMobile(VMobile Lite)はPCまたはお手持ちの機器で「Appストア」からダウンロードしていただけます(無料)。

※Android用VMobile(VMobile Lite)はPCまたはお手持ちの機器で「Playストア」からダウンロードしていただけます(無料)。

※端末、バージョン、機種によっては正常に動作しない場合がありますので、導入前に必ずテストしてください。

拡張ストレージ

VioStorに拡張ストレージを追加することで、記憶容量を増設することが可能です。最大4台まで接続することができます。
詳細はお問合せ下さい。

 

製品仕様

ハードウェア仕様

■映像出力

同時録画・録音カメラ
※(対応ネットワークカメラ)
最大4台
(対応カメラはお問合せください)
録画モード 連続、マニュアル、スケジュール、アラーム、モーション
(カメラに依存)
録画設定項目 解像度、画質、フレームレート、ビットレート(カメラに依存)
映像圧縮形式 M-JPEG、MPEG-4、H.264(カメラに依存)
録画ファイル形式 AVI
(Windows Media Player で再生可能 ※専用コーデックが必要)
アラーム録画時の
バッファ容量
最大:検知前300秒 / 検知後300秒

■記憶媒体

SATA HDD 最大2台
対応RAIDレベル シングル、リニア、RAID0、RAID1(初期出荷時はリニア構成)

■インターフェイス

LANポート RJ-45(100BASE-TX/1000BASE-T自動切り替え)×2
USB端子 USB3.0×3(前面バックアップ用×1、背面周辺機器接続用×2)
HDMI端子 HDMI×1(映像・音声出力用) ※HDMI2はReserved

■管理

ユーザー管理 カメラごとモニタリング、録画の権限他設定可能
(最大登録ユーザー数32名)
アラート通知 Eメール、警告音、イベント・ログ
イベント・ログ 障害、警告、情報の3レベルのイベントを10,000件記録

■ネットワーク

対応プロトコル HTTP、TCP/IP、SMTP、DHCP、 DNS、DDNS、FTP、NTP、UPnP
ネットワーク
スループット
最大180Mbps
同時接続
クライアント数
4
<注意> ・ローカル・ディスプレイ使用時は「2」アクセスと数えます。
・VMobileによる1アクセスにつき「2」アクセスと数えます。

※ただし、VMobileを使用しての接続は、1クライアントに限定されます(同時に複数のクライアントから接続することはできません)。
・ライブ映像の取得を「サーバーからの配信」を選択している時は「2」アクセスと数えます。
・同時接続クライアント数を超えた場合、VioStorのパフォーマンスが低下して録画が正常に行えなかったり、自動的に再起動が発生する恐れがあります。

■一般仕様

電源 AC100V(専用アダプタにより供給)
消費電力 約34W
省電力機能 HDDスリープモード、省電力、静音ファン
LED
インディケーター
HDD1、HDD2、LAN、USB、STATUS
使用温度範囲 0℃~+40℃
使用湿度範囲 20%~80%(ただし、結露なきこと)
外形寸法 約102(W)×154(H)×217(D)mm(突起物含まず)
本体質量 1.8kg(HDD含まず)
付属品 ACアダプター、CD-ROM、LANケーブル×2、HDD鍵、IOコネクタ×4

※通常の使用環境において、CPU使用率が60%を超えるよう であれば、カメラの録画解像度、画質、フレームレートまたはビットレートを調整して、60%以内になるようにしてください。CPUの使用率が常時60%を 超える時はVioStorのパフォーマンスが低下して録画が正常に行えなかったり、自動的に再起動が発生する恐れがあります。

ローカルディスプレイ使用時

■映像出力

モニター出力 HDMI 出力解像度:1920×1080(フルHD)
表示モード ライブ:1/2/3/4/6分割、シーケンシャル、全画面表示
録画再生:1画面、全画面表示
検索モード 日時指定検索
ハードウェア
・デコーディング
1080(Full HD):合計180fps(H.264のみ有効。最大解像度1080p)

PCからの閲覧時

■必要なPC仕様

OS Windows Vista/ 7/ 8/
※64bit機の場合は32bit版Internet Explorerを使用してください。
CPU Intel Core i7 2.8GHz以上
メモリ 4~8GB程度

■ライブ

表示モード 1/2/3/4/6/8/9/10/12/16/20/25/36/42/64分割表示、
ピクチャ・イン・ピクチャ、シーケンシャル表示
映像圧縮方式 M-JPEG/MPEG-4/MxPEG/H.264(カメラにより異なる)
マップ機能 Eマップ画像表示可能(表示のみ)

■再生

最大表示分割数
(再生映像)
4分割(マルチ・サーバー使用時は16分割)
検索方法 タイムライン検索/イベント検索
機能 全画面表示、スナップショット、デジタル・ズーム
ダウンロード クライアントPCへの録画ファイルのダウンロード、AVIファイルへの変換
ファイル共有 ファイルステーション、FTP、SMB/CIFS

■ソフトウェア

QNAP Finder LAN上のVioStorの検出用ソフトウェア
対応ブラウザ Internet Explorer 10/11、Google Chrome、Mozilla Firefox

保存日数の目安

カメラ4台録画時の保存日数の目安

画像サイズ フォーマット フレームレート 1TB 2TB
VGA
640×480
H.264 5fps 47日 93日
M-JPEG 1fps 58日 116日
SXGA
1280×960(1.3M)
H.264 5fps 9日 17日
M-JPEG 1fps 18日 36日

【ご注意】
●1枚当たりの画像サイズはVGA(50KB)で計算しています。
●圧縮方式がMPEG-4の場合、保存日数はM-JPEGのおよそ2.5倍になります。
●H.264の圧縮率は、メーカーや機種によって大きく異なる場合があります。

※実際に保存される日数は、ネットワーク環境、画像1枚当たりのファイル・サイズなどの要因によって大きく異なります。
表中の日数はあくまで目安ですので、実際の運用に際しては十分にテストを行ってください。