CCTVの市場動向

2012年以降、CCTV市場は主流であったアナログカメラからIPカメラへの流れが加速しています。

集合住宅、学校、公共施設などではア ナログカメラに 対するニーズが依然として根強いものの、低価格化、メーカー各社によるIPカメラの積極的な事業展開、アナログとIPのハイブリッド化への取り組み強化な どが見られ、IPカメラの普及を促進しています。解像度についてもVGAから720P,1080Pと高解像度化が進んでいます。

しかし、2015年は、ア ナログ方式で低価格の高解像度(HD)のカメラが続々と発売され、今後更に長距離化、PoC化される事が予想されます。

価格優位性が無くなった従来のアナログカメラは衰退し、本格的にアナログHDに移行され市場を大きく賑わす事になると思われます。

HD-TVIとは?

2014年秋以降、安価で高機能なチップセットが開発された事がきっかけとなり、新しい規格(TVI、CVI、AHD)の製品がリリースされ始めて います。 HD-TVIとはHigh Definition Transport Video Interfaceの略で、アナログ方式でHD画質(720P及び1080P)の監視が可能なシステムの規格です。

HD-TVIシステムのメリット

HD-TVIカメラは従来のアナログカメラに比べて低価格、また4倍以上の高画質(200万画素)で、ケーブルも同軸ケーブル(3C-2V)で約300m 伝送可能となっております。

同軸ケーブルを利用するという点ではHD-SDIカメラがありますが、伝送距離が極めて短く、信号帯域が非常に大きい事がデメ リットでした。 しかしHD-TVIは既存のアナログシステムの配線をそのまま利用し、高画質監視、録画、再生が実現できます。

 HD-TVIシステムのメリット

監視カメラの種類・特徴・価格

監視カメラの種類・特徴・価格は以下のようになります。

アナログ HD-TVI HD-SDI IP
解像度 約48万画素 約200万画素 約200万画素 約200~約500万画素
伝送媒体 同軸ケーブル 同軸ケーブル 同軸ケーブル LANケーブル
推奨伝送距離 200m以内(3C-2V) 300m以内(3C-2V) 100m以内(S-5C-FB) 100m以内(Cat5.e)
映像遅延 なし なし なし あり
コスト 安価 安価 高価 高価

※配線ケーブルの種類によって伝送距離は変わります。また、映像の劣化などが起こることがあります。

暗い場所でも高精細なカラー映像を実現、低照度技術「ダークハンター」

業界で最も先進的な低照度技術を用いた「ダークハンターシリーズ」は、高感度CMOSセンサーを組み込むことにより、低照度環境に対応したソリューションを提供します。

ダークハンターのカメラシリーズは、赤外線LED無しでも、極めて低い光量を目に見えるレベルまで増幅し、低照度環境下でもHD/フルHD解像度かつカラー映像で、高精細な画像を提供します。

また、内蔵されたWDR・DNR・ダイナミックシャッター技術により、低照度環境でも状況を識別することができます。